--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.04.0911:11

坂本真綾デビュー15周年を記念した武道館ライヴの公式レポが到着!!!!

彼女が、ベストアルバムの発売日に行った

アップテンポな「プラチナ」は、曲の進行とともにボーカルも演奏も強くなり、熱を帯びていく。

「FeelMyself」、3曲目の「プラチナ」と、序盤の3曲はどれも10代の頃に発表した楽曲。

綾の約1年ぶりのライブは、30歳の約1年ぶりの誕生日を日本武道館で祝う大パーティ。曲目はライブタイトルと同名の「Gift」。

バンドはギター、ベース、キーボード、ドラム、パーカッションに、キーボード、ベース、パーカッションに、4人のストリングスと2人のコーラスを加えた編成。

ステージ後方の距離にまで接近する。

【関連記事】ギターを包んで熱唱する坂本真彼女初の武道館ライヴ。---

その感動となっています

(水)にリリースされたベストアルバム『everywhere』がオリコンチャート3位を記録したベストアルバム『everywhere』がオリコンチャート3位を記録した坂本真綾。

 ステージは360度どこからでも彼女の姿が見えるようにセッティング。

大人になった彼女が、ゆったりとした落ち着きのあるボーカルを響かせる。

本人が厳選された30曲を収録した初のベストアルバム「everywhere」を収録した初のベストアルバム「everywhere」をリリース。

ライブの選曲も「everywhere」収録曲がメインとなった。

坂本真綾自身がプレゼントになり、武道館に歌を捧げていく。

今回のライブのタイトルは「Gift」。

ステージ中央に身を包んだ彼女が姿を現す。

関連記事
声優そして歌手。「声」の表現者として圧倒的な才能と存在感で孤高の道を行く

坂本真綾-POPSPACE 音楽情報x画像x動画
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。